もう悩まない!AGA対策

選ばれし者のみが服用可

プロペシアを使用出来ない人

プロペシアを使用出来ない人 プロペシアは、世界60ヶ国以上で承認を受けている抜け毛、薄毛に効果があるAGA治療薬です。
有効成分のフィナステリドが、薄毛の原因となる物質の生成を抑制することで、細い髪が太くなり、発毛の効果が期待できます。
現在多くの薄げで悩む男性の非常に強い味方となっています。

この薬は、比較的安全であるとはされていますが、それでもいくつか注意点があります。
人と場合によっては服用してはいけない場合もあるので服用する際は、注意事項や禁忌薬などについてもしっかり把握しましょう。

プロペシアは、肝臓で代謝されるため、肝臓に負担が掛かるとされています。
その為、肝臓機能に障害がある方は服用してはいけません。
また、未成年も服用してはいけません。
薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制するプロペシアですが、その物質が男性器の生成にも関わっているためです。
その為、まだ発育が不十分のうちにプロペシアを服用してしまうと発育障害が起こってしまう可能性があります。
小さなお子さんがいるご家庭では、誤ってお子さんが飲んでしまうことがないようにお子さんの手に届かないところに置くなど、きちんと薬を管理しなくてはいけません。

また、女性にはプロペシアは効果がないとされています。
それは、男性ホルモンが少ない女性にはとても効果が弱く、本来の効果を得ることができないということが理由として上げられます。
女性の服用には大きな効果を得られないと記載しましたが、少ない効果でも得ようと女性でも服用する人がいますが、ここで気を付けないといけないのが、妊娠中や授乳をする女性は絶対に服用してはいけないという点です。
胎児や乳幼児に対しては、女性の摂取する成分の影響が直接伝わってしまうので、先述で説明したことと同じ現象がおき、子供発育障害などを起こす原因になってしまったりします。
男性器の生成に影響を与えるプロペシアですので、母乳を飲む乳児やお腹の中の胎児が男の子の場合、性機能に異常をきたす場合も考えられます。
また、砕いたり割れた錠剤を触ることで皮膚から成分を吸収してしまうこともあるので、妊婦や授乳中の方がいる家庭では、薬の保管には充分と注意をしなくてはなりません。

プロペシアは飲むべき人が飲むと非常に効果を得られる薬になりますが、未成年や女性にとっては非常に危険なものになる得ます。
取扱いや服用に十分な注意を払い、お子さんがいる家庭などの場合は保管方法を工夫するなどして、事故などが起きないようにしましょう。

トップへ戻る