もう悩まない!AGA対策

薄毛(AGA)のメカニズム

薄毛の原因

日本人の多くの方が抱えている悩みとして、髪に関する悩みがあります。その中でも特に多いのが薄毛や抜け毛に関する悩みです。
男女問わずほとんどの方がいつまでも健康的でふさふさしたボリュームがある髪があることを望んでいます。

薄毛とは、何らかの原因で髪の毛が多く抜けたり、細くなり、その後正常な髪の毛が生えてこないために髪の毛が薄くなることをいいます。
薄毛の人に対しては、老いて見られるのはもちろん、特に若い薄毛の人に対しては、あまり良い印象を持たれないのが現状です。
また、人によっては自信が持てなかったり、精神面で不安定になったり、多くの方の頭を悩ませているのです。

この薄毛の原因は多々あります。大きく分けると
薄毛の原因 「男性ホルモンの影響」
「遺伝」
「ストレス」
「食事や生活習慣」

この4つに分類することができます。

まずは「男性ホルモンの影響」ですが、一般的に言われる男性ホルモンとはテストステロンのことをいいます。このホルモンは、男性器や筋肉に関係する男性に多いとされるものです。これが減ると、それに変わって発毛を阻害するジヒドロテストステロンといわれるホルモンが増えてしまいます。それにより薄毛になってしまうのです。

ホルモンや生活習慣の影響に該当しせずに薄毛になる場合の原因として上げられるのは「遺伝」です。
ただし親が薄毛であっても100%その子供が薄毛になるとは限りません。特におでこの生え際から薄くなるタイプの方に多いとされています。

また、生活習慣が関係する原因としては、「ストレス」「食事や生活習慣」があります。ストレスにより、血管が細くなることで毛根に充分な栄養が行き届かなくなることが原因とされています。
「食事や生活習慣」としては、髪を健康に保つためのたんぱく質、ビタミン、ミネラル等が不足するため、薄毛の原因となります。
これらの原因は、気をつけていれば防げることでもあります。
さまざまな原因がありますが、これら複数の原因が重複している場合も多いとされています。
薄毛に悩む方は、まずは原因をよく知り、可能な限り取り除いてあげることも必要になってきます。

日本の薄毛に対する意識

日本の薄毛に対する意識 薄毛に対しては、あまりよくないイメージを思っている方が多いのではないでしょうか。
「汚い」「みすぼらしい」「老けて見える」「一緒に歩きたくない」など薄毛に派マイナスなイメージがもたれやすいのが現実です。
その為、薄毛にはなりたくないとほとんどの方が感じているはずです。

日本人の薄毛に対する意識は、男女で少し異なっています。男性の場合は、30代が薄毛に対する不安がピークになりますが、その後は少しずつ減っていきます。
これは、年をとることで、周りの目も気にならなくなるのと、薄毛を受け入れて諦められるようになるからではないかと言われています。

逆に女性の場合は違います。若い女性は気にしていない方が多いのですが、年を重ねる毎に増え、40代では男性より多くの方が気にするようになります。
女性の場合は、何歳になっても髪は命と言われるほどに重要と感じられているのがわかります。また、育毛などに掛けるお金もこれと比例して上下しています。

では、実際に薄毛に悩む方たちはどのような薄毛対策をしているのでしょうか。
製薬会社のファイザーが実際に薄毛に悩む方に行った意識調査の結果では、5位は「生活習慣を改善する」、4位は「髪型を変える」、3位は「育毛シャンプーを使う」、2位は「育毛剤や育毛トニック」を使う、そして1位が「何もしない」でした。悩んでいる方でも何もしない方が多いのは非常に意外です。

薄毛は多くの方にとってとても深刻な問題です。
その中でも特に若い人や女性にとっての薄毛は人生を変えてしまうことにもなる大問題です。
薄毛なだけで恋愛対象にならないと言った声はよく耳にします。薄毛で悩むことで精神的なストレスを抱えしまう方も非常に多くいます。

そんな、深刻と言われている薄毛は治療等で改善することも可能です。
もし薄毛でお悩みの方は、一刻も早く薄毛改善をするようにしましょう。
また、間違った改善方法では、薄毛がより深刻化してしまう場合もありますので、まずは正しい知識を理解するようにしましょう。

薄毛予防と薄毛への理解

プロペシアとはどのような医薬品であるか御存じの方は、恐らく薄毛に悩まれている方だと思います。
今現在、薄毛に悩まれている日本人の数はおよそ1300万人といわれており、これは2014年の訪日外国人の数と同等の数となります。
これだけ日本人の中で薄毛に悩んでいる人がいながら、以外と知らない薄毛に対する対処法。
この度、この記事を書こうと思ったきっかけとして、なんと我が日本はアジア圏内で薄毛に悩む人の数がトップなのです。
アジアの薄毛国といっても過言ではないでしょう。
なので、若いうち、そして薄毛に悩んでいないときに最低限の薄毛にならない対処法や、またはなってしまったときの対処法を最低限学ぶ必要があると私は思います。

先述のプロペシアとは、男性脱毛症(AGA)といわれる症例に効果のある医薬品ですが、これも一般的には知られていないかもしれません。
近年この薄毛に関する医薬品だけではなく、医薬品の全般にジェネリック医薬品というものが存在しており、ここではジェネリック医薬品に関しては深く掘り下げませんが、同じ主成分を使用しているのに、安くお薬を購入することが出来るようになりました。
そのため、数10年前では、薄毛の対策にもとてもお金がかかったとされていたのですが、ここ数年で海外からの個人輸入でこのジェネリック医薬品などを購入することが通販で可能となり、金銭的な部分が理由で薄毛に対処することができなかった方々でも対応することができるようになったのです。

プロペシアのジェネリック医薬品(※以後、ジェネリック)はフィンペシアと呼ばれるジェネリックで、上記のプロペシアの主成分であり、効果効能も同じものを期待することが出来ます。
他にも薄毛対策にはお勧めの医薬品は、ミノキシジルやロゲインという医薬品が存在していてとてもおすすめです。

はじめにおミノキシジルですが、血管の血流の流れを良くする役割を促進する期待ができる商品で、この商品を使用して1カ月もしないで効果が出たとの報告があるほどの、薄化症の方にはお勧めの商品です。 また、ロゲインという医薬品もとてもお勧めで、頭皮に直に付けることで、毛根に直接刺激させることが可能となります。
今、淡々と紹介してきた各薄毛に悩む方々の強い味方の商品だが、これらを合わせて使うとより、効果が期待できるとされているので、一度実際にお試しすることを強くお勧めします。

あくまで、各日本人がどのように薄毛に対して意識を持っているかはわからないが、欧米とは違いあまりプラスの印象を受けることはビジネスの面でもプライベートな面でもないと思われるので、潔く全て刈り上げることはしたくはないという方は、しっかりと他人事にはせずに、自分の将来の育毛に関して考えてみては如何でしょうか?

トップへ戻る